html,body{ overflow-x:hidden; }
 
 

2006年01月17日

「ど真ん中」でした。

前回のジャニーズについて語る。で私が小さい頃ジャ二娘だったことはお話しましたが、その合間、きっと少年隊と光GENJIの合間くらいですか、また別に愛してやまない人がいました。私にとっては東もかあくんもこの人も、分別なく同じ土俵のアイドルでした。
カルロストシキ(&オメガトライブ)正確にはカルロス.トシキ.タカハシだったかなぁ。夢中でした。何故でしょうか。私の心のど真ん中にすっぽりトシキが住みついて、狂おしいほどでした。いったい何にひかれたのでしょうねぇ。たしかに曲は良かった。♪君はテンパーテェ−ン欲しいよ〜♪ってやつです。声も良かった、せつなくて。でもやっぱり顔が好きだったんだと思います。
どんな顔の人がタイプなの?と聞かれたたら、月並みですが、目もとが涼しい髪の毛サラサラの美形とかなんとか答えると思います。しかし自分でも認識していない「ど真ん中」がきっと誰にも存在するはずです。えっ!私こんなん好きなんだ、、あっちゃ〜。みたいなのが。それが私にとってのトシキであります。こんなに好きだったのに、そういえばクラスの子達には“トシキが好き”とカミングアウトしていなかったと思います。何か引け目を感じていたのでしょうか。
そして5〜6年くらい前「あの人は今」系のTVに探し出されてしまい、悲しそうに出演していた彼を発見。面影なし。出て来ちゃいけなかったと思います。何で断らなかったのか。そっと暮らしたいはずだ。そして去年の暮れ、大掃除をしていたらあの頃のプロマイドが出て来ました。今見ても、やっぱり私の「ど真ん中」でした。
posted by サカイレイコ at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Posted by ikytbtklsg at 2014年12月18日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/280915

この記事へのトラックバック
 
© 2005 SAKAI REIKO.All rights reserved.